看護師試験COM

看護師資格とは

看護師の仕事内容

看護師の求人状況

看護師の国家試験

受験資格と手続き

准看護師について

認定看護師について

専門看護師について

看護師試験LINK集

ご意見・ご感想

当サイトはリンクフリーです


看護師資格とは

看護師とは、医師と協力して患者の診断・治療を補助たり、病気や怪我、障害のために不自由な療養生活を送っている人など、肉体的、又は精神的に傷ついた人達のために、必要なケア(看護)をするのが主な仕事になります。

看護師は日本看護協会専門看護師認定試験に合格し,ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められています。
そして看護師もいくつかの分類に分かれています。その看護師の種類についてご紹介していきたいと思います。


看護師の種類

看護師

看護師の定義(保健婦助産婦看護婦法・第5条)において、看護士とは「厚生大臣の免許を受けて、傷病者若しくは、じよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者」と認定されています。


准看護師

准看護師の定義(保健婦助産婦看護婦法・第6条)において、准看護師とは都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することをなすことを業とする者」と認定されています。


認定看護師

認定看護師とは、必要な教育課程を修了し、ある特定の看護分野において熟練した看護知識と技術を用い看護ケアを実践できる看護師として、日本看護協会から認定を受けた者を指します。


専門看護師

専門看護師とは、専門看護師とは日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者を指します。  

看護師を目指そうと思ったら、クリアしなければならないものがいくつか存在します。





 

看護士資格を取得するまでの簡単な流れ

医師や看護師の募集要項には必ず資格の事が書かれていると思います。看護師や医師を募集している病院は当然ながら資格を持っている人しか募集しません。
看護師になる為の第一関門は看護学校入学・卒業ですが、その後で看護師国家試験を受験し合格しなければ、学校を卒業出来たとしても看護師とは名乗れません。
さあ、それでは、看護師国家試験とはどういう仕組みなのかをお話ししましょう。

看護師国家試験は、保健師助産師看護師法に基づき実施される国家試験です。出題科目は、学校で学習した内容全てが対象です。出題されやすい分野・あまり出題されない分野はありますが、全てを関連づけて学習する事が大事になります。

看護師国家試験の実施時期は、1年に1回のみで2月の下旬日曜日です。准看護師試験は都道府県知事の試験になるので全国各地で試験が行われますが、看護師国家試験は厚生労働省の試験なので試験実施地が定められていて、北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県の通りになっています。

そして、これらの試験地は学校ごとによって、どこで受験しなさいと指定されます。自分の受けたい所で試験を受けるという訳にはいかないのです。
では気になる、看護師国家試験の合格基準はどうなっているのでしょうか。
看護師の試験丸1日かけて実施されます。午前中は、必修問題と一般問題を受けます。午後は長文の状況設定問題があります。必修問題は30問あり、これを8割正解しないと、不合格になってしまいます。一般問題・状況設定問題の場合は6割取れれば良いのですが、必修を落としていれば不合格となってしまいます。状況設定問題は、実践での仕事内容に結びつくような問題が主になります。

看護師国家試験の合否は、3月下旬に葉書のて通知が届きます。その後手続きを行い合格であれば看護師免許証を取得するという流れになります。

オーダーメイドジュエリー

IKEAのアイテムを通販

かっこいいZIPPO

ロレックス サブマリーナ

看護試験.com コピーライト